JX喜入石油基地

会社情報 CORPORATE INFORMATION環境・安全への取り組み ENVIRONMENT & SAFETY地域だより LOCAL COMMUNITY
Q&Aコーナーサイトマップ

会社情報 CORPORATE INFORMATION

HOME > 会社情報−喜入基地の役割

 

喜入基地の役割

 
  喜入基地の役割
備蓄機能
 石油会社各社は急激な社会情勢の変化や不測の事態に備えるため、社会的使命として
"石油備蓄"を行っています。民間備蓄量は内需量の70日分、国家備蓄は5,000万KLの
備蓄が義務付けられています。
石油備蓄体系
 喜入基地の原油タンクは735万KLの貯油能力があり、日本の石油消費量の約2週間分に相当します。
喜入基地備蓄割合
中継機能
 喜入基地では、産油国(主に中東)から30万トン(載貨重量トン)級の大型タンカーで輸送された原油の全量または一部を原油タンクに荷揚げし、さらに10万トン(載貨重量トン)級の小型タンカーに積み替えてJXTGグループの製油所に二次輸送するという中継機能を持っております。その受払量は、日本の石油消費量の約13%に相当します。
なお、喜入基地を中継する主な理由は次のとおりです。
・ 産油国から大型タンカーで大量に原油を輸送することにより輸送コストが安くなるというメリットがあります。(大型タンカーの約70%が喜入基地を中継しています。)
・ 製油所によっては水深が浅く大型タンカーが着桟できないところもあるため、小型タンカーで二次輸送しております。
オイルロード
ブレンド機能
 喜入基地では世界15カ国から38種類(2018年度実績)の原油を受け入れており、各製油所からのニーズに応じ、数種類の原油をブレンドして払い出す機能も有しています。 これにより、製油所では市場の変化に対応した原油の精製が可能となっています。
 喜入基地取り扱い油種
   性 状                 油 種 名 (産 油 国)
 軽質原油 アラビアンエクストラライト(サウジアラビア)、マーバン(アラブ首長国連邦)など
 中質原油 アラビアンライト(サウジアラビア)、オマーン(オマーン)など
 重質原油 アラビアンミディアム、クウェート(クウェート)など
 超重質油原油 ナポ、カスティラ、バスラヘビー
 南方原油 スマトラライト(インドネシア)、ラビブレンド(ガボン)など
 コンデンセート デオドライズドコンデンセート(カタール)など

Copyright(C)JX Nippon Oil & Energy Kiire Terminal Corporation ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー

このサイトについて